生理と妊娠中の際は制限されます

キレイモでは生理中でも施術を受けることは可能です。
ただしヒップとVIOはできません。
またそれ以外の部位の脱毛をしても1回分施術を受けた扱いになります。
次に妊娠した場合でも施術自体が受けられません。

そこで今回は生理中と妊娠中には脱毛が制限される理由と、解約方法について紹介します。
また契約延長や脱毛再開プランなどはありますが、休会制度自体は用意されていません。
ですので念のために解約方法も記載します。

生理中でも条件付きでできます

予約日と生理の日が重なった場合、生理中でも施術自体はすることは可能ですがヒップとVIOはできません。
またヒップとVIOをしなくても、1回分消化した扱いとなります。

ちなみに月額定額制プランでは予約変更やキャンセルはできません。
回数パックプランの場合は予約のキャンセルと変更は前日までなら可能です。
生理期間中だとホルモンバランスや肌の状態が安定しないので、その生理中の脱毛をキレイモではすすめていません。
また生理中だとムダ毛が増えたり体毛が濃くなります。

妊娠中はできません

また妊娠であることが判明すると脱毛できなくなります。
妊娠中は生理中と同様、ホルモンバランスが不安定になり多毛症や刺激に敏感、肌荒れやニキビを引き起こす可能性があります。

キレイモで採用しているフラッシュ脱毛は肌に優しい施術方法ですが、肌が弱い状態に行うと痛みを強く感じたり、肌トラブルも引き起こします。
ホルモンバランスとともに、ムダ毛の生えてくるサイクルも乱れていることもあります。

解約方法

妊娠などで解約をしたい場合、2つの方法があります。
一つがコールセンターに電話する方法です。
解約の旨を伝えると必要な書類が郵送されるので必要項目に記入し返送すれば解約になります。
ちなみにコールセンターの番号は0120-444-680になります。
もう一つが直接店内で解約手続きする方法です。
印鑑と契約書・返金用の口座情報が必要になります。

  ≪ 前の記事: を読む  
△PAGE TOP

Copyright © 2016 短時間で終わる!脱毛サロンキレイモの情報サイト All Rights Reserved.